2007年01月29日

少年進化論

[タイトル] 少年進化論 4 (4)
[著者] くさなぎ 俊祈
[種類] コミック
[発売日] 2007-01-25
[出版社] 集英社



13歳も年齢を詐称する世界的人気アイドルを父に持つ息子の苦悩を描く物語。
くさなぎ俊祈の作品の中では一番好きな作品です。
…なのですが、今日までマーガレットコミックスの本は持っていませんでした。
何故かというと、前に発売されていたものの、レーベルを変えた再出版モノだと思っていたから(爆)
クリムゾンが廃刊(休刊か?)になって、マーガレット系で連載再開してたのは知ってたんですが…。
だってね、この頃多いじゃないですか?
別のところに移って、最初からコミック発売し直すの。これは、本当に止めてほしいです。
てっきりそれだと思ってたので。
まぁ、速めに気づいてよかったです。


さて、内容ですが…。

親バカ全開だね。

それしか、言いようがないというか。直樹のアホなほどの愛情を感じます。
たぶん、作中でそれをわかってないのは、砂名だけっつう話もあるけど。
むしろわかった時は最終回だろう。


学研の雑誌から、クリムゾン、今はマーガレットと雑誌の休刊のたびに、渡り歩いてきたこの作品。
今度こそ、ちゃんと終わることができるのだろうか。
posted by 葵 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。