2007年02月26日

放送点検

今日は、県立高校の入学試験の日です。
正しくは、全日制埼玉県立高等学校後期募集日程学力検査。なわけであります。


今年も、放送機器の故障等で英語のヒアリングテストが行えなかった高校があるようです。
さっき845ニュースで言ってた。
毎年、このような事件はおこるのだけど、つい数年前までは試験日のニュースは気になって気になってしょうがなかった。


それは、高校の『放送点検』のバイトをしていたからで
入試の前に放送室、各教室のスピーカとか放送設備の点検をするという簡単なもの。
ようするに、チャイムがちゃんと鳴って、放送が流れればいいわけですよ。
だから、放送室の音卓の点検と、音声放送テスト『ただいまマイクの点検中』と実際にしゃべって試験。
各教室のスピーカー(穴が開いていないか等)、アッテネーター(音量つまみ)がグルグルまわらないか等の点検を、生徒に笑われながらするというもの。


しかし、一番重点を置くのは、放送室のカセットデッキ。
実際に試験当日に一番不具合を起こすのは、毎日鳴ってるチャイムでも放送でもない。カセットデッキなんだよね。
二番目はアッテネーター。グルグル回る状態になってるとショートをおこして、その教室だけでなく全教室音が小さくなる。


とにかく、普段使っているものはそう簡単に壊れない。もし当日に壊れたら、それは運が悪いのだ。
いまどき、カセットデッキなんか使わないから、すでに壊れていたり、駆動部のゴムが硬くなっていて、切れたり。ヘッドが汚れていたり・・・。
再生速度と歪みを機械計測することでチェック。


ニュースを見る限り、やはりカセットデッキが壊れたようです。
いまだに、カセットデッキ使ってるのかよ。
…ちょっと突っ込みたくなる。
posted by 葵 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35179618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。