2007年04月30日

おしゃべりなアマデウス

『おしゃべりなアマデウス』全9巻?
作者 武内昌美
小学館 フラワーコミックス


前に書いた、『ドリーマー』と同一の作者。
こちらは、クラシックがテーマの話。
コルダ2をやっていたら、思い出した。


天才的なヴァイオリンの腕を持つ少女の話。
天才故の孤独とか、海外に行って自分の欠点を知ったりとか(後に克服)
怪我によって、危うく楽器を弾けなくなりそうになったりとかしつつ
やはり、少女マンガなので恋愛も絡めて…最後どうなったんだっけ?
思い出せない。
うまい、作家さんなんで、曲のエピソードとか絡めて面白く読めます。
こういう職業モノって、雑学が沢山詰まってるから好きだ。


ドリーマーと違って、途中まで集めて、売ってしまったので全何巻なのか、ちょっと不明。
今更ながら、少し読み返したいぞ。
そして、読み返したくなった原因のコルダ2は
一周目で、連鎖の火原EDと、ふつうの柚木と王崎EDを見ました…が。
とりあえず、封印します。
やる事があるからね。
posted by 葵 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。