2007年06月19日

ヴィーナス綺想曲




発行 白泉社 花とゆめコミックス
作者 西形 まい

今月の衝動買いその2
衝動買いしたのは1巻だったんだけど
ここに書く前に、今日2巻が出てしまいましたな。


系統的には、音楽物の部類に入るのだろうか。
1巻よりも2巻の方がその色が強くなったかも。
あと分けるとしたら、逆年の差カップル物?
…好きなんだよね、逆年の差(笑)
けれども、「ぼく地球」や「大人になる方法」や「感嘆符なしでは語れない」みたいに
(どれも好きです)
超逆年の差ではないので、ショタとか言われるほどではないな。


モデル体型で綺麗だけれども、性格が超男前でガサツな主人公と
その幼馴染みでピアノが極巧の、超美少年のお話。
話は、主人公が幼馴染みの事を可愛い妹(!?)としか思ってなかったのに
ふとしたきっかけで意識する所から始まります。


まだ始まったばかりで、2巻しか出てないので
これから、どうなるか分からないけど期待してます。
ピアノ教室で、新キャラとかでてきたしな。


逆年の差のお薦めを書いたので、音楽物のお薦めも書いとく。
「おしゃべりなアマデウス」「あるとの『あ』」「ピアノの恋人」
おっと忘れてた「金色のコルダ」
↑片寄ってるなぁ(苦笑)
posted by 葵 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ピアノの恋人」以外はわかるもってる?た?
Posted by きよ子 at 2007年06月27日 23:32
ピアノの恋人は、喜多尚江のさ絶対音感持ってる人の話。
あれ、花ゆめじゃなかったかな?別冊掲載だったっけ?
Posted by 葵 at 2007年06月30日 06:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44383245

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。