2007年08月17日

一日目終了

本日は暑い中、私のスペースにやってきて下さった方。
本当に!ありがとうございます。


新刊二冊の内一冊はその日の4時に仕上がるという、
火事場の馬鹿力的な作り方をしてしまって、少し心残りがあるのですが
新刊二冊そろって良かったです。


その新刊二冊お買い上げの方。
私は、顔を覚えるというスキルをさっぱり持って生まれなかったため
本当にそうかは判らないのですが、常連の方ですね。
ですよね。うん、勝手に決定。
本当に毎度ありがとうございます。へぼい新刊ですがいかがでしょう?


既刊と新刊すべてお買い上げの方。
ご新規さんか、冬来られなかった方かわかりませんが、これまたありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


新刊2冊ですが、なんだか
『弁慶さんがヒノエのために人殺しをしたならば』
シリーズに、偶然にもなってしまいました。
友人には、怖いと言われました。どうなんでしょう。
とにかく、私の書く弁慶さんは病的なほどヒノエに固執しているようなので
しょうがないのか、違うのか。


「真夏の国」の方は、時間とページの関係上、前記も後記も付けられなかったので、補足。
本当は、もう少し、長い話の予定でした。
書き急いでしまった感がぬぐえないので、また今度指向を変えてチャレンジしたいネタですね。
タイトルは、喜多尚江(大好きな先生です)の同名漫画から取りました。
なんか、『熊野=夏』っていう刷りこみがなされてしまってね。
本当は、もう少しエピソード重ねて
夏の熊野を行ったり来たりさせたかったのだが…時間が。
だから、早く原稿にかかれっての。


今日は、開始早々、売り子を彼氏に任せて、西館に旅立つという最低な事をしたりしてましたが。
いつも手伝ってくれている友人その1、本当にありがとうございます。君がいなかったら、徹夜空けの私は死んでいたよ。
お隣のSPの方、プレゼント下さった方本当にありがとう。



【関連する記事】
posted by 葵 at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | オフライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとなく読み返してたら珍しく彼氏って書いてあるw
なんかのアピールか?
Posted by 売り子 at 2007年09月07日 20:54
友人って書いといた方が良いですかね。
Posted by 葵 at 2008年01月07日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。